クラウド型電子図書館サービス「MARUZEN-DL」は、OPACによって従来の図書館所蔵の紙資料と電子書籍をはじめとするマルチメディアコンテンツの相互利用を可能とする新しいコンセプトによるハイブリッド型プラットフォームです。
利用者は、学内・学外を問わずインターネットを通じて、電子書籍の検索・予約・貸出・返却を行えるほか、図書館のOPACからも横断的に利用することができます。紙と電子両方を、検索から貸出・返却まで統合的に管理することによって、図書館業務および利用者の利便性の向上が期待できます。

クラウド型電子図書館サービス MARUZEN-DL

クラウド型電子図書館サービスのメリット
クラウド型電子図書館サービス MARUZEN-DL