學鐙

丸善のPR誌「學鐙」は、明治30年(1897)3月に創刊し、現在まで続く我が国最古のPR誌です。(現在の発行者は丸善出版株式会社)
創刊時から広く日本の文化に寄与し、世界の文化受容の窓口となるという一貫した編集姿勢は変わらず、一企業のPR誌を超えて我が国の学界・言論界の中で育ってきました。
初代編集長は作家・文芸評論家として活躍していた内田魯庵、執筆者には坪内逍遙、夏目漱石、井上哲次郎らが名を連ね、明治36年(1903)「學鐙」と名を改めた以後も日本を代表する学者、文芸家、言論人が筆を執り、学術エッセー誌にとどまらず、社会や時代を映す鏡になっています。

最新号目次

お詫びと訂正

「學鐙」冬号63頁の発行元の記載に誤りがありました。

 (誤) 筑波大学出版会

 (正) 筑波出版会

読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

學鐙 第114巻 第4号 目次

第114巻 第4号 表紙

■表紙写真 東京理科大学葛飾図書館(43頁に記事)

▼私のすすめる三冊

私のすすめる三冊
岡崎 武志(フリーライター・書評家) 

▼特集 全体と個

全体主義と個
森川輝一(京都大学大学院教授)
個人と自由
島田雅彦(作家・法政大学教授)
家とわたし
金田一秀穂(杏林大学教授)
集団は個人より賢いか 
友野典男(明治大学教授)
学校現場における個と全体
伊藤美奈子(奈良女子大学教授)
部分と全体、個物と集合
三中信宏(東京大学大学院教授)
「この身体」を生きるということ
平尾 剛(神戸親和女子大学准教授)
「全体と個」のデータサイエンス
伊庭幸人(統計数理研究所教授)
「存在権」の誕生 
石川健治(東京大学教授)

▼書評<I>

森 絵都 著
みかづき
下重 暁子
瀬戸内寂聴 著
いよよ華やぐ
河谷 史夫(家事見習い)

▼連載

社会の周辺の人々と世すぎ(1)
神崎 宣武
日本のデザインのモダニズム(20)
柏木  博

科学徒然草(19)
小山 慶太
音を編む(16)
矢崎彦太郎

▼書評<Ⅱ> 

R・D・ナイト 著、並木雅俊 監訳
物理を教える
長谷川大和(東京工業大学附属科学技術高等学校教諭・東京家政大学非常勤講師)
アンジェリカ・グデン 著、譲原晶子 訳 
演劇・絵画・弁論術
貫  成人(専修大学教授)
西田正憲・飛田範夫・黒田乃生・井原 緑 著
47都道府県・公園/庭園百科
下村 彰男(東京大学大学院教授)

お知らせ

「學鐙」は2012年より発行頻度を年4回(3・6・9・12月5日)に変更いたしました。また本誌価格を
1部250円(消費税含)に改定しております。
本誌の購読、その他のお問合せは下記メールアドレスまでご連絡ください。

ページの先頭へ