學鐙

丸善のPR誌「學鐙」は、明治30年(1897)3月に創刊し、現在まで続く我が国最古のPR誌です。(現在の発行者は丸善出版株式会社)
創刊時から広く日本の文化に寄与し、世界の文化受容の窓口となるという一貫した編集姿勢は変わらず、一企業のPR誌を超えて我が国の学界・言論界の中で育ってきました。
初代編集長は作家・文芸評論家として活躍していた内田魯庵、執筆者には坪内逍遙、夏目漱石、井上哲次郎らが名を連ね、明治36年(1903)「學鐙」と名を改めた以後も日本を代表する学者、文芸家、言論人が筆を執り、学術エッセー誌にとどまらず、社会や時代を映す鏡になっています。

最新号目次

學鐙 第114巻 第3号 目次

第114巻 第3号 表紙

■表紙写真 二松學舍大學図書館ラーニング・コモンズ(45頁に記事)

▼私のすすめる三冊

私のすすめる三冊
岡崎 武志(フリーライター・書評家) 

▼特集 「捨てる」を巡って

移民
森 千香子(一橋大学大学院准教授)
ユダヤ人
市川  裕(東京大学大学院教授)
情報を捨てる
開沼  博
 (立命館大学衣笠総合研究機構准教授)
自殺
高橋 祥友(筑波大学医学医療系教授)/dd>
棄教を生み出す背景
鹿島田真希(小説家)
捨聖・一遍
桜井 哲夫(東京経済大学教授)
覚悟と自由のために無駄を省く
荻田 泰永(北極冒険家)
棄てられる側から見た「捨てる」
魚柄仁之助(食生活研究家)
ホームレスたちの行方 
瀧川本 三郎(評論家)
名前を捨てる
ドリアン助川(小説家・ミュージシャン)

▼書評<I>

今野 勉 著
宮沢賢治の真実
下重 暁子
アーサー・ビナード 編著
知らなかった、僕らの戦争
河谷 史夫

▼連載

「人生と神仏」の民俗学(8)
神崎 宣武
日本のデザインのモダニズム(19)
柏木  博

科学徒然草(18)
小山 慶太
音を編む(15)
矢崎彦太郎

▼書評<Ⅱ> 

中国文化事典編集委員会 編
中国文化事典
姜  若冰

お知らせ

「學鐙」は2012年より発行頻度を年4回(3・6・9・12月5日)に変更いたしました。また本誌価格を
1部250円(消費税含)に改定しております。
本誌の購読、その他のお問合せは下記メールアドレスまでご連絡ください。

ページの先頭へ