学者にはぐくまれて―雄松堂書店史の断面―

芳水康史 編
雄松堂書店広報誌『PINUS』4号(1982年3月20日発行)掲載

  • 創業以前
  • 雄松道書店の創業
  • 戦後の再起
  • 株式会社雄松堂書店の設立

創業以前

笈を負って

静岡県浜松市の最北端部は、かつての引佐郡都田村である。古代には京田(美也古多)郷と呼ばれた伊勢神宮領で、温暖なところである。平地は米を主作とし、山地はかつて養蚕と製茶が盛んであったが、いまは蜜柑が多く栽培されている。新田勇次はこの都田村大字滝沢の農家の7人兄弟の末っ子として、明治42年(1909)に生まれた。

彼は本好きの少年であった。そのころ愛読された立川文庫は、明治44年(1911)から出版されており、彼もまた立川文庫で育ったが、それが自由に読めるほどのこづかいはなく、数人のグループで「猿飛佐助」などを買い、回し読みした。

小学校の先生と浜松に出たとき、谷島屋書店で、『世界の山と川』という地理の本を見て、どうしても独占して読みたいと思った。先生から借金して買い、あとで母に払ってもらった。尋常科を滝沢で終えると、高等科は都田の小学校であったが、学校に近い農協から毎日のように豆粕を1枚かついで滝沢の支所まで運んだ。1枚5銭のアルバイトで、その金が貯まると、浜松まで自転車をとばし、地理や歴史の本を買って、読みふけった。

高等科を卒業すると、東京の書店、巌松堂の店員募集に応じた。巌松堂の創業者、波多野重太郎氏は都田村の出身で、大正期には神田の本屋街の有力な書店のひとつであった。脇村義太郎著『東西書肆街考』によると、「巌松堂はすでに、古本部のほか出版部を設け、社会科学、とくに法律・政治に主として力を入れたり多角経営をしていた」といわれる。また「法律関係において、私立大学の先生や司法官の著述を主として出していた巌松堂や清水書店は有斐閣と競争的立場にあった」とも書いている。

読書好きの彼にとっては、もっともふさわしい職場であった。瓦屋の二男坊だった同窓とともに、笈を負って上京した。大正13年(1924)4月3日のことである。前年の秋には関東大震災があって、神田の本屋街はほとんど焼失しているが、巌松堂は郷里が天竜材の産地であるため、いち早く復興していたのである。

大震災で多数の書物が失われたため、書物を求める声が異常に高まっていた。個人の需要だけでなく、官庁や学校でも巨額の図書復興予算を組んで買い漁っていた。そして神田の古本屋は、地方都市に出かけて片っ端から古本を買い集めた、といわれる。書店としてはもっともいそがしく、がむしゃらに働かねばならない、そんな時期に彼は社会人としての第一歩をふみ出した。

学者とのふれあい

巌松堂書店には、そのころ古書部のほかに出版部、小売部、外販部、通販部などがあり、大阪と京城に支店があった。彼はおもに古書と外販の仕事をしたが、その他の部門も経験している。がむしゃらに働いて、病気で帰郷療養したこともあるが、若さにまかせて、何事にも積極的に取組み、ゆたかな知識をたくわえたことが、のちに大きなみのりとなってあらわれる。とくに所三男、土屋喬雄、渡辺信一、石井良助、中村宗雄氏ら多数の学者とのふれあいは、本屋商売の貴重な財産となった。

そのころの彼の仕事ぶりについて、故中村宗雄氏(早大名誉教授)は、「雄松堂書店創業40周年」のリーフレットで、次のように評している。「昭和の初めの頃、巌松堂書店の店員であった若き日の新田君は、早稲田大学を担当して、旺んに法学部研究室に書籍を持ち込んだ。私との知り合いは、君のこの時代に始まる」「当時の新田君には、今になお印象に残るものがある。何かのいきさつがあった際、私は、君の応答と後始末振りを傍らからみていて、人間新田君に何かしら好ましいものを感じた。今想えば、漠然ながら、若いのに似合わず相手方の心理をよく掴むと感じたらしい。私の印象に残る当時の新田君は、中肉中背、小肥りの嫌味のない青年であった」。

土屋喬雄・渡辺信一両氏は、経済史や農業政策関係の資料を熱心に探求し、石井良助氏は法制史の古書のほか農村の古い証文類を集め、しばしば店頭で彼に声をかけた。所三男氏とも長いつきあいで、のちに「日本林制史調査資料」をマイクロフィルム化するとき指導をうけ、また彼が昭和56年(1981)、郷里の『都田村郷土誌』を復刻したとき、所氏は「復刊の序」を寄せている。

ところで、彼の徒弟修業時代は、金融恐慌から満洲事変へとつづく時代である。国家の中国大陸への野望がのびるにつれて、巌松堂も満洲への進出を試み、何人かを選抜して出張させていた。地方転勤はサラリーマンの出世街道のひとつの段階であるが、彼には声がかからなかった。このことが彼をなやませたが、また不景気がますます深まって給料の高いものから解雇する風潮が一段と強まっていることも不安であった。

「早いとこ、自分で自分の道をしっかりと見定めねばならない」という思いにかられて、彼は独立する決意を固めた。そのころの徒弟にとって、独立はひとつの夢であり、希望であったが、それはまたきびしい試練の道でもあった。彼は男として、そのきびしい道を選んだ。

ページの先頭へ