旧丸善(株)/年表

  • 明治
  • 大正
  • 昭和
  • 平成

明治

年(西暦) 沿革
2年(1869年)

1月1日、丸屋商社を横浜に創業(事実上日本の株式会社第一号)
『丸屋商社之記』制定

3年(1870年)
 
丸屋から『袖珍薬説』を出版(丸善出版物の最初)
4年(1871年)
1月、大阪に大阪支店“丸屋善蔵店(書店・薬店)”開設
 
3月、丸屋善七店となりに「唐物(とうぶつ)店」を開業
 
12月、細流会社(積立貯金組合)設立
(明治8年に「交銀私局」。貯蓄銀行として営業)
5年(1872年)
8月、京都に京都支店“丸屋善吉店(書店・薬店)”開設(明治12年閉店)
 
11月、慶應義塾経営の仕立局(洋服類)を引継いだ丸屋裁縫店、また丸屋指物店(洋家具店)も経営(共に銀座)
 
12月、横浜薬店2階に英学研究生養成のための研究舎を開設
6年(1873年)
1月、横浜に“唐物(とうぶつ)店”開業
 
7月、現在の日本橋店にて「西洋帳合之法」(西洋式簿記)公開講習実施
7年(1874年)
5月、「死亡請合規則」制定(後の明治生命へ継承〔現・明治安田生命〕)
 
8月、名古屋に名古屋支店“丸屋善八店(書店・薬店)”開設
9年(1876年)
日本最初の国産マッチ、新燧社製品を独占販売
このほか洋紙をはじめ、桜田ビール、石鹸など当時の新商品の販売を行う
11年(1878年)
「丸善インキ」の製造販売(安井敬七郎インキ)
13年(1880年)
定款制定、株式組織に改組「責任有限丸善商社」と改称
 
 
『洋書目録』刊行開始
15年(1882年)
16年(1883年)
『和洋書籍及文房具時價月報』発行
 
ヨーロッパの知識・学問の大要を紹介した文部省編訳『百科全書』を明治16年から18年にかけて刊行。 (チェンバーのInformation For The Peopleの翻訳全4巻) 当時としては珍しい予約出版
17年(1884年)
18年(1885年)
日本初の雙解辞典となる『英和雙解辞典』を出版
19年(1886年)
ヘボン著『改正増補・和英英和語林集成 第三版』刊行
26年(1893年)
11月、商法の施行により、社名を丸善株式会社と改称(資本金20万円)
28年(1895年)
3月、この頃米国製ウォーターマン万年筆を輸入販売
30年(1897年)
3月、わが国最初の企業PR誌『学の燈(まなびのともしび)』創刊(明治35年『学燈(がくとう)』、明治36年『學鐙』に名称変更。明治34年からは内田魯庵が編集長となる。)
 
ペリカン万年筆輸入販売(デ・ラ・ルー製)
31年(1898年)
横浜丸屋書店・薬店共通の「商品切手」発行
32年(1899年)
外国雑誌・新聞予約者直送を開始
(発案者:荒川実〔後の7代目社長〕)
33年(1900年)
 
内田魯庵入社(『学の燈』編集担当)
35年(1902年)
37年(1904年)
寄宿生のための夜間教育(丸善夜学会、丸善夜学校)を開始(寄宿舎は前年新設)。
40年(1907年)
7月、京都支店を再開設(三条通麩屋町。この店が梶井基次郎『檸檬』の舞台となる。その後店は昭和15年に河原町通蛸薬師へ移り、平成17年まで営業。現在の京都支店(教育・学術事業本部)は南区。)
 
オノト万年筆輸入販売
43年(1910年)
44年(1911年)
7月、福岡出張所詰所を設置(大正2年に支店となる)
 
6月、英国スコット社製帽子を輸入販売(代理店)

ページの先頭へ