第10回教育ITソリューションEXPO丸善雄松堂出店のご案内

出展コンセプト

テクノロジーの発達やグローバル化の進行によって社会に必要な人材像が著しく
変化する中、これまでの中央集約的な教育者中心の学習環境は、自立分散的な学
習者中心の学習環境へとシフトしつつあります。いつの時代も「知とまなび」に
寄り添う丸善雄松堂は、新しい学習環境への変化を支えます。

       
会期2019年6月19日(水)〜21日(金)
10:00~18:00 ※最終日は17:00まで
場所東京ビッグサイト 青海展示棟
学校業務支援ゾーン「A5-1」

弊社ブースでは、事前アポイントを受け付けております。

学習環境の4つの要素とその変化

従来の教科学習に加え、STEAMなどの文理横断的な教育手法や社会課題を意識したPBLを通して、批判的思考や「学び方を学ぶ」などの認知およびメタ認知スキル、あるいはコミュニケーション力をはじめとするソフトスキルを培う学習内容の比重が大きくなります。

電子図書館や電子教科書・教材、デジタルアーカイブ、MOOCsなどの技術が発達し、いつでもどこでも世界中の資料や授業にアクセスできるようになりました。今後はAR/VRやAIといった新しい技術の普及により、学習コンテンツを享受する方法はさらに変化します。

教育機関が中心だった従来の学習環境は今後、近隣住民も利用可能な大学の研究施設やNPOなどの社会課題の現場、さらには自動運転中の車内など、学習者の所属や場所、時間にしばられないまなびを支援する環境へと拡張していきます。

先生と学生あるいは生徒といった既存の一方通行な関係性だけでなく、今後は地域の企業や行政の関係者、オンラインで意気投合した仲間など、共通の興味や問題意識を持つもの同士の教え合い・まなび合いのコミュニティがますます増えていきます。

学習環境の変化を支える
丸善雄松堂の商材・サービス

丸善雄松堂では、「知的コンテンツの開発・発信」「まなびの場(機会)の提供」「知とまなびのニーズマッチング」をキーワードに、このシフトを支援する様々な商材・サービスをご提供しております。

キーワード

知的コンテンツの
開発・発信

まなびの場(機会)の提供

知とまなびの
ニーズマッチング

新たに求められるまなびのニーズを創造し、まなび方そのものの提供や、学習コンテンツやサービスの開発・提供、学習環境の構築により、時代に合ったまなびをサポートします。

新たな知の生成や、多様な人や価値観の交わる場・機会を提供する知とまなびのコミュニティの創造・運営により、持続可能な知の活動をプロデュースします。

教育・研究支援や教務事務支援など、学内の学びの業務支援サービスにより、効果的・効率的な管理・運営を実現します。

出展商材・サービス

授業・講義ごとに電子教科書・教材を配信し、学習環境をサポートするしくみです。学習支援システム(LMS/ラーニング・マネジメント・システム)や電子シラバスとの連携により、学生の学習環境だけでなく、教員の教育方法も変わります。

60,000点以上の電子書籍をご提供し、720機関以上でご利用頂いている日本最大の電子図書館サービスです。読上・動画配信などの新機能も追加され、障害者の方にもご利用頂ける電子図書館です。

教育向けコンテンツや研究書を基本とした個人向けの電子書籍で、様々な教育・学習シーンでご活用いただけます。iPadやPCでの利用が可能ですので、持ち運びも便利で、個人専用の電子書籍としてご利用いただけます。

ご導入済みの学習支援システムと丸善雄松堂の電子教科書・教材サービス、電子図書館サービスとの連携を通じて効果的な学習環境の構築や事例をご紹介し、学生の学習を強力にサポートします。

歴史資料や活動記録は、教育機関・自治体にとって大切な知的資産であり、ブランディングや広報の基盤です。大切な宝を整備することで、未来に継承するだけでなく、新たな活動や人のつながりの創出に貢献します。

講義や講演の内容を携帯電話で入力センターに送り、専門オペレーターがリアルタイムに文字化し、Web上に配信します。大学における情報保障や合理的配慮を実現し、学習の質を向上させ、理解を深める支援をします。

月間30万PVを超える大学公開講座のポータルサイト「Second Academy」と、30校で導入実績のある公開講座管理システム「Smart Academy」をご紹介します。

文部科学省からの委託事業「社会人の学びの情報アクセス改善に向けた実践研究」において丸善雄松堂が開発した、大学等における学び直しの講座情報や支援情報を発信するポータルサイト「マナパス」をご紹介します。

大学(高等教育機関)、企業、行政、市民を繋ぎ、持続的・継続的に地域課題を解決する「知のワーキング」の構築プロセスと事例を紹介。大学と地域社会との連携を推進し「学びと実践」のしくみを創造するプログラムです。

ファブスペース(アナログ・デジタル工作機器が利用可能な施設) の地方創生・地域振興や、高等教育でのご活用についてご提案します。 海外で広がっているファブスペースの事例や、実際に設置されている機器を展示します。

弊社ブースでは、
事前アポイントを受け付けております。

特定の商材・サービスにご興味をお持ちですか?事前にアポイントをいただくことで、お客様のご来場に合わせて各商材・サービスの担当者とのお打合せを設定することが可能です。

■ 事前アポイント 3つのメリット

時間指定が可能のため、効率的に展示会場をご見学いただけます。

優先的にご案内しますので、お待たせいたしません。

商材・サービスの担当者がお迎えいたしますので、具体的なお話が可能です。

展示ブース内プレゼンテーション

弊社ブースでは、会期中、出展商品・サービスについてのプレゼンテーションを行います。他では手に入らない情報や体験を提供いたしますので、ぜひお立ち寄りください。

■ 開催時間

近日公開予定です。
※所要時間は15分程度を予定しています。
※この他、デモンストレーションも実施予定です。

■ プレゼンテーマ(予定)

① 講義資料や教材を活用したアクティブラーニングの構築
 Maruzen eText Service

② ICT教育のためのアクセシビリティに優れた電子図書館
 Maruzen eBook Library

③ アクセシビリティと学習をサポート
 リアルタイム字幕サービス

お問い合わせ

丸善雄松堂 EDIX事務局

E-mail:my_edix@maruzen.co.jp
〒105-0022 東京都港区海岸1-9-18 国際浜松町ビル

ページの先頭へ