学習空間構築支援

  • 学習空間構築支援
  • 支援内容
  • 納入事例

学習空間構築支援の考え方

丸善雄松堂は、「学生の主体的な学び」を実現するには、
『好奇心を持って情報を獲得する』
『人と人が交わり、意見交換し、刺激しあう』
『考える/まとめる』
『アイデアをおもてに出す』
というプロセスを円滑に循環する学びのサイクルを構築することが重要と考えています。
またその活動には『学習を支援する』仕組みも欠かせない要素です。
 それぞれのプロセスを「人×空間×ツール」の観点からデザインし、「学生の主体的な学び」を支える
「空間」の構築をご支援いたします。


学びのサイクルの構築

ページの先頭へ