第21回図書館総合展/
第2回アートミュージアム・アンヌアーレ
丸善雄松堂 特設サイト

「第21回図書館総合展/アートミュージアム・アンヌアーレ2019」は終了いたしました。
弊社ブース・フォーラムにご来場いただき誠にありがとうございました。

今年、丸善雄松堂は、図書館総合展会場内でのブース展示や、計5つのフォーラムを開催します。また、同時併催のアートミュージアム・アンヌアーレ2019会場内において、「ミュージアム施設を多面的に支援する」商材・サービスをご紹介するブース展示を行います。皆さまのご来場を、心よりお待ちしております。

事前アポイントを希望する フォーラムに申し込む

《会期》
2019年11月12日(火)~ 14日(木) 10:00 - 18:00

《場所》
パシフィコ横浜 展示ホールD・アネックスホール 他

《ブース》
❶ 図書館総合展会場内 小間番号「61」
❷ アートミュージアム・アンヌアーレ会場内 小間番号「A-4」

《展示コンセプト》

10年後も必要とされる図書館を共にデザインする
— 利用者のInputからOutputまでを支援する新たな「知の拠点」 —

今回の展示では、以下の3点を踏まえて「10年後も必要とされる図書館」について考えます。

❶10年後の社会から「今」を見つめます

「10年後の社会」に暮らす人びとの持つニーズを想定し、現在の課題を捉えなおします。

利用者中心(ユーザー・セントリック)の視点

「社会に暮らす人びと」がどのような考えで、何を必要としているかを中心に据え、それに対しどのようなサービス(支援)ができるかを考えます。

❸ 来場者の皆さまと共にデザインします

「先の見えない時代」の図書館は、学生や研究者、生活者にとってどのような存在であるべきか、皆さんと共に考え、デザインします。

Exhibit Booth 展示ブース

トップに戻る

《ブース全体図》

※11月初旬にブースレイアウトを公開いたします。

《出展商材・サービス一覧》

□ 国内最大級の機関向け電子図書館

 Maruzen eBook Library

□ 「アルフォンス・ミュシャと麗しの書物たち」

 ミュシャによる豪華挿絵本とポスターを展示します

□ 電子教科書でアクティブラーニングをサポート

 Maruzen eText Service

□ 事例と最新動向に触れるSD・FD研修

 海外図書館フィールドワーク型研修

□ 電子版オリジナル教材の制作をサポート

 教材制作支援サービス

□ 「創造的な学び」を促す学習支援

 ファブスペース支援事業

□ 学術コンテンツに特化した個人向けeBook

 KW個人向けeBook

□ 選書×空間設計×運営で、場をトータル演出

 本のある場づくり BooQ®

□ 情報資産の利活用をトータルサポート

 アーカイブ総合支援

□ 学びの講座の情報発信・運営を支援

 Second Academy/Smart Academy

□ グローバル人材を育てる洋書カタログ

 洋書に触れる

□ 学びなおしの情報を発信するポータルサイト

 マナパス~社会人の大学等での学びを応援するサイト~

《知の拠点の事例紹介》

□ 地域住民のニーズに応えるコミュニティー構築

地域の活性化を支援する「知の拠点」づくり

□ 学産官民連携による地域プラットフォームを構築

知のワーキング

《アートミュージアム・アンヌアーレ》

□ ミュージアム施設を多面的に支援する

弊社ブースでは
事前アポイントメントを受け付けております。

特定の商材・サービスにご興味をお持ちですか?
事前にアポイントをいただくことで、お客様のご来場に合わせて
各商材・サービスの担当者とのお打合せを設定することが可能です。

事前アポイントを希望する

《展示ブース内プレゼン》

図書館総合展会場内の丸善雄松堂ブースにて、毎日 、[11:45/12:15/14:45/17:15]の計4回
ミニプレゼンテーションやワークショップを開催します。
他では手に入らない情報や体験を提供いたしますので、ぜひお立ち寄りください。
所要時間は15~30分程度の予定です。

11/12

Tue.

11/13

Wed.

11/14

Thu.

11:45-12:00

「創造的な学び」を促す学習支援/ファブスペース支援事業

ファブ施設ではどのようなことができるのか、実際に設置されている機器を用いて、事例を紹介します。

11:45-12:00

「電子コンテンツ活用によるアクティブ・ラーニングの実践

国内最大の学術・研究機関向け電子図書館Maruzen eBook Libraryでアクティブラーニング推進を支援します。

11:45-12:00

​「創造的な学び」を促す学習支援/ファブスペース支援事業

ファブ施設ではどのようなことができるのか、実際に設置されている機器を用いて、事例を紹介します。

12:15-12:45

知財について楽しく学べるワークショップ『知財でポン!』

カードゲーム「知財でポン!」を使って、身近なゲーム感覚で、知的財産権を学び深めるワークショップです。
講師:一般財団法人たんぽぽの家

12:15-12:45

知財について楽しく学べるワークショップ『知財でポン!』

カードゲーム「知財でポン!」を使って、身近なゲーム感覚で、知的財産権を学び深めるワークショップです。
講師:一般財団法人たんぽぽの家

12:15-12:45

知財について楽しく学べるワークショップ『知財でポン!』

カードゲーム「知財でポン!」を使って、身近なゲーム感覚で、知的財産権を学び深めるワークショップです。
講師:一般財団法人たんぽぽの家

14:45-15:00

「電子コンテンツ活用によるアクティブ・ラーニングの実践」

国内最大の学術・研究機関向け電子図書館Maruzen eBook Libraryでアクティブラーニング推進を支援します。

14:45-15:15

「海外図書館研修2019報告」/海外図書館フィールドワーク型研修

海外図書館研修の内容報告と、帰国後の自館での取組について、参加した現場スタッフによる発表を行います。

14:45-15:00

「電子コンテンツ活用によるアクティブ・ラーニングの実践」

国内最大の学術・研究機関向け電子図書館Maruzen eBook Libraryでアクティブラーニング推進を支援します。

17:15-17:45

ワークショップ『10年後の図書館を考えよう! ~利用者が必要とする「知の拠点」から~』

10年後の社会やそこに暮らす人びとのニーズを踏まえて、「10年後の図書館」のイメージを具体化します。一日の終わりに、ワークショップでアイディアを発散しましょう!

17:15-17:45

ワークショップ『10年後の図書館を考えよう! ~利用者が必要とする「知の拠点」から~』

10年後の社会やそこに暮らす人びとのニーズを踏まえて、「10年後の図書館」のイメージを具体化します。一日の終わりに、ワークショップでアイディアを発散しましょう!

17:15-17:45

ワークショップ『10年後の図書館を考えよう! ~利用者が必要とする「知の拠点」から~』

10年後の社会やそこに暮らす人びとのニーズを踏まえて、「10年後の図書館」のイメージを具体化します。一日の終わりに、ワークショップでアイディアを発散しましょう!

《昨年のブースの様子》


【PHOTO-01】
【PHOTO-02】
【PHOTO-03】
【PHOTO-04】
【PHOTO-05】
【PHOTO-06】
【PHOTO-07】
【PHOTO-08】

Forums フォーラム

トップに戻る 

フォーラムに申し込む

お問い合わせ
丸善雄松堂 図書館総合展事務局
Tel.03-6367-6006
Email.my_lf2019@maruzen.co.jp

ページの先頭へ