丸善雄松堂

イベント・セミナー

開催日:2020年11月5日(木)終了しました

【参加型イベント】未来の学習者に寄り添う、ウィズコロナ時代の図書館 ~ラーナー・セントリックな視点から向き合う大学および公共図書館の可能性~

イベントレポート公開

丸善雄松堂は、11月にオンライン開催される「第22回図書館総合展」に出展し、その中で、2020年11月5日に「ウィズコロナ時代の、ラーナー・セントリックな図書館サービス」をテーマとした参加型イベントを開催します。ぜひご参加ください。

イベント名
【参加型イベント】未来の学習者に寄り添う、ウィズコロナ時代の図書館 ~ラーナー・セントリックな視点から向き合う大学および公共図書館の可能性~
日時
2020年11月5日(木)
14:00~17:00 
会場
オンライン(Zoom) 
参加費
無料円
主催
丸善雄松堂株式会社 
お申し込み
終了しました

イベント詳細

新型コロナウイルス感染症の収束が見えず、生活様式を変えて感染症と共存していくウィズコロナの時代、図書館のサービスにも変革が求められています。また、学習者中心の教育・学習観がトレンドとなりつつあるいま、丸善雄松堂では「ウィズコロナ時代の、ラーナー・セントリックな図書館サービス」をテーマとした参加型イベントを開催いたします。

■ウィズコロナ時代の、ラーナー・セントリックな図書館サービス
今回のパンデミックを経験したことで、図書館サービスには大きな変化が起こっています。今世紀に入りインターネットやスマホが普及したことで、情報へのアクセスは飛躍的に簡便になりました。こうした社会的変化を受けて、図書館の価値を向上させることを目的に、カフェやその他の類似の居心地が良い空間を併設したサードプレイス的な機能を付加する図書館が大学と公共と館種に関係なく増えてきました。

しかし、コロナ禍の影響によって人が全く集まれなくなった今、ウィズコロナ時代の図書館はどうあるべきか、新たな可能性を検討してみませんか。
また、これまでのイベントのように、大学図書館や公共図書館といった館種ごとに図書館を考えるのではなく、学習者が生涯を通じて図書館をいかに「体験」するかという観点(=Learner Experienceの観点)から捉えたいと思います。

■3部構成のイベント
このイベントは事前・当日・事後の3ステップで行います。イベント当日は、未来の学びに関する話題を入り口に、大学図書館、公共図書館それぞれの立場での実践や課題についてパネリストによる発表を聞きながら、参加者の皆様にも一緒に考えていただく機会にしたいと思います。
このイベントが、図書館が対応すべき今後の変化や課題に対し、主体的に未来を予測し、これからの図書館サービスを築いていくきっかけとなれば幸いです。

■パネリスト
村松 浩幸 氏(信州大学 学術研究院教育学系教授、信州大学 教育学部附属次世代型学び研究開発センター長、信州大学 教育学部 副学部長、一般社団法人日本産業技術教育学会会長)

渡邉 匡一 氏(信州大学 副学長(学術情報担当)、信州大学 附属図書館長、信州大学 大学史資料センター長 )

森 いづみ 氏(県立長野図書館長)

第22回図書館総合展 丸善雄松堂特設サイト

https://bit.ly/3jX0JQx
※丸善雄松堂特設サイトはGoogleサイトを使用しております。G Suiteアカウントをご使用されております場合、同サイトにアクセスができない場合がございます。

第22回図書館総合展_ONLINE 特設ウェブサイト

https://2020.libraryfair.jp/

イベントレポート

【参加型イベント】未来の学習者に寄り添う、ウィズコロナ時代の図書館 ~ラーナー・セントリックな視点から向き合う大学および公共図書館の可能性~

学習者中心の視点から、館種を超えた図書館連携が可能にする未来のまなび

新型コロナウイルス感染症の収束が見えず、生活様式を変えて感染症と共存していくウィズコロナの時代、図書館のサービスにも変革が求められています。このイベントでは、「ウィズコロナ」が常態化した未来に暮らす学習者の視点から、「学習者は必ず特定の地域に暮らすローカルな存在である」ことを前提に、図書館が館種を超えて連携することで可能になる学習環境について議論を深めました。

長野県における取り組みを踏まえた3名のパネリストによる議論

●「ウィズコロナから考える未来の学び ― コロナ禍での新しい学びの取り組み ―」
〔講師〕村松 浩幸 氏 (信州大学 学術研究院教育学系教授、信州大学 教育学部附属次世代型学び研究開発センター長 ほか)

村松先生のパートでは、情報時代の到来とともに始まった学びの変容がコロナ禍の影響によって一気に加速した今、「創造的な学び=クリエイティブ・ラーニング」が一つの具体的な解としてあるのではないか。学びが「智」を生み出す活動になったとき、図書館はいかに学習者を支援できるか。教育工学の理論とコロナ禍における教育実践の見地から、未来の学びのあり方について重要な示唆をいただきました。

●「未来の学習者に寄り添うウィズコロナ時代の図書館を考える ― 信州大学附属図書館の取り組み ―」
〔講師〕渡邉 匡一 氏 (信州大学 副学長(学術情報担当)、信州大学 附属図書館長、信州大学 大学史資料センター長)

渡邉先生のパートでは、信州大学附属図書館におけるコロナ禍への対応から、今後再び「緊急事態」が起きても教育や研究がストップしない体制づくりまで、幅広い話題に触れていただきました。東日本大震災後も遅々として進まなかったデジタル化あるいは知識や情報の大衆化など、大学図書館として乗り越えるべき課題は少なくないが、コロナ禍が変革の好機になるだろうとの前向きなお話をいただきました。

●「未来の学習者に寄り添うウィズコロナ時代の図書館を考える ― 県立長野図書館の取り組み ―」
〔講師〕森 いづみ 氏 (県立長野図書館長)

森先生のパートでは、人生100年時代の到来によって働き方や学び方が複線型化・多段階化するなかで、公共図書館はいかに学習者を支援すべきかについて、お話をいただきました。図書館機能をデジタル化し、平等な情報アクセス基盤の整備と情報リテラシーを身につけられる仕組みの構築を目指す「長野県eLibrary構想」をはじめ、コンテンツだけでなく、場のデジタル化にも取り組まれています。

公開資料のご案内

動画視聴ガイドはこちら [PDF:447KB]

パネリスト資料はこちら

第22回図書館総合展における丸善雄松堂の企画まとめおよび関連コンテンツ・サービスのご紹介 [PDF:1,723KB]

本件に関するご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ