丸善雄松堂

學鐙<GAKUTO>

企業PR誌『學鐙』最新号のご案内

學鐙 冬号(Vol. 120 No.4)

特集: はたらくを繙く
2023年12月05日
定価: A5判 250円(税込)
PR誌『學鐙』は、1897年[明治30年]3月に創刊し、現在まで続く日本初の 企業PR誌です。初代編集長は作家・文芸評論家として活躍していた内田魯庵 で、執筆者には坪内逍遙、夏目漱石、井上哲次郎らが名を連ねました。2010 年以降の企業グループ再編により、2011年3月~2023年3月は丸善出版(株)よ り発行、2023年6月から丸善雄松堂(株)(2016年丸善(株)が商号変更)が発行し ています。創刊時から続く「広く日本の文化に寄与し、世界の文化受容の窓 口となる」という一貫した編集姿勢は変えず、今後より複雑化していく未来 に向けて、「未知に光をあて、先の見えない時代を照らす小さな知の灯火 (鐙)となることを目指します。
購入【冊子・電子版】 購入【冊子・電子版】

今号の特集について

今号の特集は「はたらくを繙く」といたしました。
「働く」を取り巻く現状は、日々目まぐるしく変わっています。気忙しい世間に取り紛れ、私たちはその本来を思うことを忘れつつあるのかもしれません。人間が連綿と紡いできた「働く」という営為の本質とは、一体どこにあるのでしょうか。
本号では、多彩な書き手それぞれの「働く」について、日常の覆いを解き、その先にある本質に迫るべくご論考いただいています。

特集

連載

書評

學鐙についてのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ