丸善雄松堂

まなびの場の企画・運営

本とまなびを活用したコミュニティの創造・活性化

丸善雄松堂は「ラーナーセントリック(学習者中心)」のまなびを幅広く支援します。
学・産・官・民連携による、持続的な地域課題解決プログラムの開発をはじめ、生活者が多様な「まなび」に触れられる場を創造。新しい知とまなびのコミュニティをプロデュースします。

知のワーキング

学・産・官・民の連携による地域課題解決プログラム

丸善雄松堂が150年の歴史の中で培ってきた「大学ネットワーク」「地域に根差した図書館・店づくり」における創造・運営の知見を活用。大学と企業、行政、市民をつなぎ、持続的・継続的な知のワーキング活動を通じて、地域課題解決を目指すプログラムです。

次世代ラーニングコモンズ

予測不可能性の高い社会を生き抜くためのスキル・マインドセットを身につけるまなびの場

丸善雄松堂が提案する「次世代ラーニングコモンズ」は、「学ぶ(Learn)」「つくる(Create)」「伝える(Share)」の活動サイクルを軸に、地域社会とのつながりの中で、身の回りの課題を解決するためのモノ・コトづくりを推進する学習環境です。この活動を通して学習者は試行錯誤をしながら小さな失敗と成功を積み重ね、その成果物を失敗も含めて他者と共有することで、予測不可能性の高い社会に必要な力や姿勢を身につけます。当社では、学生や地域住民などの利用者コミュニティのニーズに合った空間デザインから人材提供まで、学習者本位のまなびを幅広く支援します。

知とまなびのコミュニティ(知とまなびのイベント)

まなびの入り口として、学ぶ人たちのすそ野を広げる

まなびは私たちの身近にあります。学校や図書館だけにある特別なものではありません。参加者同士で「興味」や「好き」を学び合い、さらに新たなまなびを生むコミュニティづくりを支援します。これまで「知らなかったこと」に出会うこと。その出会いを通じて、もっと「まなびたい」と思うこと。「好き」「興味」「関心」「好奇心」を喚起するさまざまなイベントを通じて、まなびの世界が楽しくなるひとときをご提供します。

詳しく見る

BooQ® (ブック)

「本のある場づくり」のトータルサービス

BooQの「Q」は、「本質的な問い(Question)」「純粋な好奇⼼(Q(Cu)riosity)」「求める⼼・探求⼼(Quest)」の頭文字から来ています。利用者の皆様の様々な「Q」 を満たすための、良質で知的な空間を作り出す、選書 × 空間デザイン × 企画運営支援 が三位一体となったワンストップサービスです。公共施設、商業施設、オフィスなど、それぞれのテーマ・コンセプトに対応した「本のある場づくり」をご提案します。

ニーズ一覧

本とまなびを活用したコミュニティの創造・活性化についてのご相談はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ