丸善雄松堂

2021年08月31日

特別展示販売「感動の生まれる瞬間 ―ビジュアルで見るスポーツの歴史―」(7/16~8/6)

 

丸善・日本橋店3F内にある古書・貴重書専門店ワールド・アンティーク・ブック・プラザ(WABP)で開催された特別展示販売「感動の生まれる瞬間 ―ビジュアルで見るスポーツの歴史―」(2021年7月16日~8月6日)の様子をご紹介します。

今回は、スポーツの歴史をひもとき、アスリート達が生み出してきた数々の感動的瞬間を共有し愉しんでいただく場を提供したいという想いから、これまで書物・写真・ポスターなどによって視覚的に記録されてきた各種スポーツの貴重資料を多数取り揃えました。

近代オリンピックの発展の歴史をたどる

スポーツはもともと貴族の遊戯が起源の一つであると言われています。その後、各種競技の発達とともに近代スポーツが現れ、クーベルタンが提唱した近代オリンピックもさまざまな障害を乗り越えつつ、今日まで発展してきました。

期間中は、日本体育大学図書館が所蔵する貴重資料である『日本』(東京市庁編:1935年刊)の特別展示を行いました。同書は、1940年に開催を予定し戦争により中止となった東京オリンピック招致のために限定出版された豪華版写真集です。日本各地の風景や産業、建築物などが写真で紹介され、当時どのように日本をプレゼンテーションしていたかが分かる興味深い内容となっています。

『日本』(東京市庁編:1935年刊)より。表紙には西陣織が使用されている

店内には海外の貴重な資料も並びます。海外メディアが捉えた日本スポーツ史の資料として極めて重要な『オリンピック日本選手団写真コレクション:1924-52』(ACMEニュース写真社)は、1924年のパリ大会をはじめ1952年のヘルシンキ大会までのオリンピック選手達の練習風景や日常風景を収録しており、本コレクションには1932年ロス大会に体操競技役員として参加した高木武夫、陸上競技総監督として参加した山本忠興らの署名が記されています。

『オリンピック日本選手団写真コレクション:1924-52』(ACMEニュース写真社)の一部をタブレットにてご紹介

ドイツ人スポーツ写真家・戦争特派員カルル・ヴァインロサーの旧蔵アルバム3冊には、1936年ベルリン・オリンピックの取材用資料が多数収録されています。彼自身が撮影した写真のほか、取材時に使用したIDカードや記者用パス、ジャーナリストに求められるドレスコードについての書類、大会レセプションへの公式招待状、記者用の公式小冊子などの関係文書類も多く含まれており、戦争で荒廃したヨーロッパにおけるスポーツイベントを撮影した写真や、彼自身と家族の写真からも当時の様子を伺い知ることができます。

ビジュアルで見て触れて、愉しむ

さまざまな国のスポーツの記録にまつわる資料が並び、時代と場所を行き来する視覚的にもにぎやかな店内では、近代オリンピックに限らず、相撲をはじめとする日本の伝統競技の浮世絵や選手のサインなどのスポーツ関連グッズの販売、フェンシングの図案をあしらったオリジナル蔵書票のプレゼントなど、スポーツの歴史やアスリート達が生み出してきた数々の感動的瞬間をビジュアルで見て触れて、気軽に愉しめることを意識した工夫をほどこしました。
※WABPの特別展示販売では、各回のテーマにあわせて制作した「オリジナル蔵書票」を先着100名様にプレゼントしています。

WABPでは、今後もさまざまなテーマで特別展示販売を企画し、ご来店いただく皆さまに、時間と空間を旅して日本橋に辿り着いた知識や文化の『本物に触れる』特別な体験をお届けしてまいります。次回もどうぞお楽しみに。

 

次回予告

次回の特別展示販売は『建築・インテリア関連特集』(2021年9月頃)を予定しています。

執筆者

まなびのつながり編集部

関連する記事・事例

2022年01月14日

特別展示販売「ファッションの文化史」(11/26~12/26)

2021年10月15日

特別展示販売「建築・インテリアの歴史と現代の暮らし」(9/23~10/17)

2021年10月11日

「onSMaRT」を起点とした教科書・教材デジタル環境の推進